上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 多趣味が器用貧乏の裏返しとはよくいいますが、まあとりあえず、趣味は多いです。今日なんてNHKで放送していた鉄道模型のジオラマ作成講座なんて番組を見つけてしまい、うひゃひゃwwwwwいいながら観賞しておりました。

 そんな具合で、ここのところ釣りバカ日誌的になりすぎていたブログですが、ガンプラもしっかりやっております。

 ジム・クウェルの現在経過。



・頭部
 waveのポリキャップで首間接を増設、首をユニットとして新造するとともに、胴体側にもポリキャップで間接を増設。

・胸部
 頭部から下の首をユニットとして新造したことで内部の構造材をほぼくりぬき、MGのようなポリキャップ内臓の内部フレームを接着。それにともなって襟周りのパーツを切り出し、稼動範囲を確保。
 腹部側にも稼動用のジョイントをポリキャップにて増設したために、その稼動域を確保するために削り込み。

・腹部
 上側のブロックにポリキャップの軸を接着、下側のブロックにポリキャップのオワンを装着して、周囲をプラバンで固定しつつ、ジェネレーターが収まっていそうな雰囲気を求めてディテールを追加していく予定。
 この工作は電撃HMの記事にも載っているのだが、これによってMGのMK-2 Ver.2のように前後左右に上体を振ることが可能。

・腕部
 肩アーマーの設置方法を、MGシリーズと同様の方式に変更。新規の接続パーツはプラ板で新造。方法はちょっと面倒くさいのだが、僭越ながら、こちらのMaという御方の、Ver. MAというサイトで丁寧な紹介がされています。不肖ながら、肩アーマー接続パーツ新造の際に参考にさせていただきました。どれほどの反響があるかはわかりませんが、改めてここで感謝の辞を述べさせていただきます。



・腰部
 今のところ各アーマーの裏打ちを施したのみ。

・脚部
 スネのアーマーを切り出して別パーツ化し、スリッパ状の足首パーツを前後に切断して稼動部分をつま先のみにし、裏打ちを施した後、足首基部のボールジョイントの接続を新規に作り直し、足首の稼動域を大幅に拡大。方法は腹部の稼動域と同様に電撃HMの別冊記事を参考に。



 だいたいこれでだいたい大まかな改造は終わったので、後はソールパターンの作りこみとか、表面の慣らしの後で待っているディテール追加の作業くらいだろうか。
03.01 (Thu) 02:11 [ gundam ] CM2. TB0. TOP▲
  
コメント

うはwwwww
いっちゃん、そんな、そんな。
多趣味の器用貧乏の者です。

遊んで遊んで、暇だけはあと少しもてあましているのよー!!
---------- ふいやん [ 編集] URL . 03/01, 22:17 -----

久しぶりですー!と思ったらこんなことしてたんですねw
最近お元気ですかー??いちかは相変わらずですww
またカラオケ行きましょー♪
---------- いちか [ 編集] URL . 03/01, 19:37 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://keihuiyan.blog36.fc2.com/tb.php/61-6a8c7400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。