上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いえない言葉が増えていく。
 それは生きていれば、誰にでもある、どこにでもある、あたりまえの光景で。
 ただそれに慣れたくない、どうしても馴染めない、悶々とする自分がいつまでもここにいる。
 他の、回りの奴らはこういう感覚をどうやってやり過ごしているのだろうか、とか。
 あるいはそんなことにかかずらってるような奴は、いつまでも半端モン、ってことなんだろうか?

 逡巡。
 だいたい一日に何回か、あるいは後悔に似た感覚。
 吐き出したいものは沢山ある。
 でもそれをすべてぶちまけると、きっと収拾がつかなくなる。
 色んな関係をぶち壊しかねない、口下手な人間が爆発すると取り返しがつかない、とよく周りからも言われるし。
 いや、そもそも俺は口下手なのだろうか?
 どちらかというと、口数は多いものの重要な、意義のあることをきちんと相手に伝えられていない、ということなのではないだろうか?
 だから必然的に言葉ばかりが増える。
 意味のない、あるいは意味のあやふやな言葉ばかりが増える。
 時にそれらの言葉に意図しない思潮さえのせてしまう。

 ――なんだ、ただのバカ、じゃないのか?俺って。

 閑話休題。

 伝えたいことは沢山ある。
 怒りとか、不安とか、後悔とか、苦しみとか。
 結構、ある。
 でもそれを始終垂れ流しにしていたら、かっこ悪いし。
 ある程度踏ん張って、我慢して、外面だけはニヘラニヘラしていたい。
 ええカッコしいなんですね。俺(いや、それは自分でも良く知ってるww

 で、いつの間にか境界線が分からなくなる。
 どこまでを人に言っても良いものか。

 そのうち、話さなくなる。
 腹を割ったような、大事な話はもう、ここ最近誰ともしていない気がする。
 いつの間にか、友達がいなくなったようにすら感じている。
 実際、もうみんな散り散りだものな。
 あるいは、俺を放り出して、みんなどこかに行ってしまったか。

 所詮、ヒトって一人で生きて、一人で死ぬじゃない。とかまた思い始める。
 孤独には慣れている。
 でもそこに苦痛がないわけではない。
 自傷的な気分に浸る。
 こうなったのは全部自分の行ってきたすべての跳ね返りだろ、と自分に言い聞かせる。
 それでも辛くなって、物騒な行動に出る。
 流れ出した血やら、拳にできた青痣やらを見て、少し冷静になる。

 閑話休題。

 そう、逡巡。
 これからの課題。
 これからのありかたについて。
 もうそろそろ、限界なんじゃないか、とか。
 もういいんじゃないか、そろそろ、とか。
 そういう思考が、たまに頭をよぎる。
 バカバカしい、おかしくって笑っちゃう。
 部屋に一人の笑い声だけ響く。
 空しさだけは現実。

 閑話休題。

 実は、誰にも相手にされていないんだろう?
 俺が誰とも打ち解けることができないのは、そのせいなんだろう?

 おいおい、勘弁してくれよ。
 そろそろ四捨五入してミソジ前だってのに、なにこの厨房的精神構造。

 閑話休題。

 たのむ、誰か俺の話を聞いてくれ。

 閑話休題。
 閑話休題。
 閑話休題。
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://keihuiyan.blog36.fc2.com/tb.php/106-b5c834b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。