上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺はもうだいぶ前から狂っているんだって。
たまたまそれが、あることをきっかけに表出しただけなんだ。
だから、君たちがそれを心配するのは、ある面で正しくて、ある面でやはり間違っている。
だって俺はもう、だいぶ前から狂っていたのだから。

俺はクソ小さなプライドにしがみついて生きている。
所詮クソみたいな人生の、その根幹にあるクソみたいなプライドにしがみついている。
「最近のお前は変だ」
ああ、知っているよ。俺はもうずっと前からあることに意固地になっている。
偏頭痛はあれを境に頻繁に起こるようになった。
自分が今目覚めているのかそうでないのか、判然としないことだってある。
空虚であやふやな感覚のみで生きている、かげろうのように胡乱な今を生きている。
君たちがそれを指摘するのは分かるよ、だって今の俺は、君らがいうこところの“俺らしくない俺の姿・・・・・・・・・”をしているのだから。
じゃあ、“俺らしさ”ってなんだよ?
“男気見せろよ”意味わかんねえよ。
そんな予定調和な期待を俺に向けないでくれよ。
俺はもうずっと前から壊れていたんだ。
いきなり人生がどうにかなっちまったわけじゃない。
俺はもうずっと前から転げ落ちていたんだ。
今さらしっかりしろなんていわれたって、急に生き方が変わるわけじゃない。
もう充分に遅すぎるんだよ、俺はもう終わっているんだ。
俺はもうずっと前から何も持ち合わせちゃいない。

もしも俺に何かあったら、君たちはこの私心めいた殴り書きを引き合いにするかもしれない。
その時憤りを感じるのなら、それはそれで仕方がないし、そのほうがむしろありがたいかもしれない。
人一倍寂しさを感じる人間の、傷つかないための、転ばぬ先の杖ってやつなのだろう。そして同時に、その記憶は、“狂った俺という人間がいた”ということを証明する、ささやかな証になる。
今の俺に、今の俺自身を変えるすべなんてないんだ。
それは俺が今俺が抱える問題から逃げているからだとも充分に思うけれど、所詮そういう君たちは、どこまで行っても“他人”でしかない。
君たちが俺のことを思ってくれるのはありがたいけれど、それが何にもならないことを、俺は知っている。
常人に分かるわけがないんだよ、自分のことを一番信用できない、消してしまいたいとさえ思っている人間のことなんて。

こんなことばかりいっていると、そのうち君たちは俺の側からいなくなるのだろうね。
それは悲しいことだけれど。
俺は俺自身が一番信用できていない。
俺は俺自身が狂ってしまっていることを自覚しながら、もはやどうすることもできない。
そして君たちにもどうすることもできず、やがて君たちは俺を信用しなくなる。
もう相談事をすることのできるような、ご立派な俺はいないんだよ。
残念だね、もう少し、誰かの役に立てる人間になりたかった。



なんでこんなふうになってしまったんだろうね?
今一番この世で憎んでいるのは、俺という存在、そのもの。
スポンサーサイト
04.16 (Mon) 20:54 [ 茫洋文 ] CM0. TB0. TOP▲
そんなもん誰にだってあるのだ。
精神衛生に留意した生活を心がけてください。
そんなこと言われたって、俺はどうすればいい?
「最近のお前は変だよ、たまに本当に心配だ」
そういう言葉が、ありがたいと同時に、重いことがある。
幸せな悩み、けれどギリギリとこめかみを絞り込む。

頭痛は止まぬ。これはいつまでも続くだろう。
記憶に刺さった棘はいつまでも抜くことはできないだろう。

いっそあの時終わりにしておいたほうが楽だったかもしれぬ。
浅はかで甘美な自壊への志向。
閉じた世界で今俺は、緩やかに変質しているのだろう。
もうあの時を覚えてはいない。
昔の俺がどんなものだったかなど、思い出せぬ。
もうだいぶ昔から、俺は狂っているのだ。
実際には一ヶ月と経っていないのかもしれないのだけれど、久々の釣行で長浦に行ってまいりました。
今回めずらしく単品=一人です。
実に久しぶりの、一人での釣り。
金曜までの仕事疲れで、みんなきっと大変なんだよな。
うん、社会人にとって週末は貴重だ。

それにしても、今日は良い天気。
風は少し強いけれど南西から吹く風だから温かい。
しかも、これもまた久々の昼間の釣りなものだから、日中はロングTシャツ一枚になってしまえるほどに、ぽかぽかの良い陽気。

春になったので、のっこみの時期の魚たちが一斉に連れ始めるのかな、と思いきや、ウミタナゴがわらわらと泳ぎだして、活発に餌をとっています。
ちなみに、今年度初の釣果は、25cm前後のウミタナゴ一枚でした。
最初は「なんだ、これは」と思うほどの大きな引きで驚いたものの、これまでにも何回かウミタナゴはあげている。それでも、このサイズになってくると、なかなかの釣り味でした。

結局今日はそのウミタナゴ一枚で終了したのですけどね。とにかく、ぽかぽか陽気の空の下、久々に海の空気を吸ってリラックスできたように思います。

もー。
どうにでもして、
とはいいたくねえですが。
社命って響きは、飼われたことのない人間には嫌なものです。

いや、まだ結果とか出てないけどね。

テンションが軽く伸び切ってしまい、少しぶらりんとしてしまいました。
いや、寝起きはしっかりできている。
時間前にはちゃんと会社にいる。
ただ、ちょっと伸びた。ん、萎えた?

いや、大丈夫、ちゃんと充電しますので。
んー。
はい、そんだけでーす。
歌を聞かせたかった 愛を届けたかった
思いが伝えられなかった

僕が住むこの町を 君は何も知らない
僕がここにいるわけさえも

もしあの時が 古いレンガの町並みに
染まることができていたら 君を放さなかった

冬の日差しを受ける公園を横切って
毎日の生活が始まる

時が止まったままの 僕の心を
二階建ての夏が追い越してゆく

―――T.M.Network[STILL LOVE HER(失われた風景)]



なんでしょうね、もうこのサラッと歌い上げるくせに実はモノスゲー未練たらたらぢゃんお前、ってふうな歌。このミスマッチ、たまりません。
曲調がものすごく好きです。耳コピしようと思ったら意外とそれっぽく簡単に弾けました。
楽しいです。
良い歌なんです、

でも、こんな良い歌を歌った後に、
ハレ晴レユカイとか耳コピしようとするから、俺。
脳みそがぐにゅぐにゅした時は音楽をかけます。
平然とアニソンがヘビーローテーションになるとは、とても不思議空間です。

そういえば大昔のアニメ「星方武侠アウトロースター」と「宇宙の騎士テッカマンブレード」を入手しました。つけあわせで大停電の夜にが週末疲れを癒してくれるに違いありません。
いいのか俺、こんなんでいいのか?!
 と叫んだところで意外と何もかわらなそうで、まあ「嫌だ嫌だ」とうだうだいっていたって何も始まらないので、まあ頑張ってみようか、ゆるーく、といった気分です。

 目下のところの心配は配属先がどこになるのかということと、明日の昼飯をどうしようかということです。
 いや、地味に困るんだってば、これが。
 自分のランニングコストとかも調べてね。
 ちぃびっとずつでも、考えていかなければ。

 そんな4月2日の俺。



 ちなみに、mixiとの連動はタイムラグがありすぎるのでやめました。
04.02 (Mon) 21:19 [ 未分類 ] CM0. TB0. TOP▲
 いや、よく家でね。
 深夜にね。







 井上大輔の「哀戦士」「めぐりあい」、TM NETWORKの「BEYOND THE TIME」を、なんとなくギターで耳コピしながら、琵琶法師の念仏のように、ほつほつと歌うのが好きです。

 絶対音感とかないのでコード進行がいい加減な気もしますが、本人は充分に宇宙世紀へと旅立ってしまいます。
 そんな「そろそろ井上大輔のベストを仕入れねばっ!!」とか思っているガンヲタな俺ww

 あー、もう4月なんだよなあ。
 エイプリルフールとかと縁がない男なのですが、ええ、今年も特に縁はありません。
 そんなこんなで、そんなニュアンスのタイトルでした。
04.01 (Sun) 01:07 [ gundam ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。