上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いや、もともとLunascapeユーザーだったもんで、3から4にバージョン変更しただけなんですが。
 なんかもう、ヴィジュアルを意識したブラウザって感じで。
 でも「どこそこで働く社長のブログ」とか、わざわざメニューに入れてもらわなくても良いんだけどなあ。
 と思いつつも、まあ他のブラウザのこととか何も知らないし、いまさらIEに戻ったところで使い勝手が悪いのは分かっているんで、じみーに慣れて行こうと思います。

 そういえばVISTAが発売になったんだよな。。。
 前のXPが世の中に出たのが5年前とかで、それってつまり俺が大学は行った頃じゃん(というとお前いくつなんだよとか何年大学生やってるんだよとかいう横槍を各所から頂きそうですが)、ということだよな。
 そんなこんなで、なんか一人で感慨に浸っていたりします。
 ウチの機械にVISTA積むことは多分できないだろうし、なんかやたらとヴィジュアルを意識したOSっぽいので、まあ見た目は恰好良いんだろうなとは思うんだけども、それを度外視してでも、いざ買いたいか?!というと、知識が足りないこともあるし、あまり利便性を感じないというか。

 今からいきなり新しく買い換えるだけの余裕があったら、買ってそうだけどなあ。なんかあれでヘッドギアなんか装着できたら攻殻機動隊っぽいし。




 なんてぶつくさいいながら、最後の試験勉強をしております。。。
スポンサーサイト
01.31 (Wed) 21:34 [ 茫洋文 ] CM0. TB0. TOP▲
 なんというかまあ、日々是平穏とでもいっておけばいいのだろうか。
 兄の誕生日に、ワインをガバガバ呑んで好い気分に出来上がっちゃっている母。

 なんだ、この生き物は。
 というくらい、珍しく上機嫌に出来上がっていらっしゃる。
 なんだか最近はお酒にまつわるエピソードが多い気がいたしますが、まあ気のせいだろう。



 微妙にジムばかりいじくっております。
 両足のスリッパ部分の成形がひと段落。
 スネパーツの裏打ちを、パッケージデザインのクウェルの複合装甲をモチーフに適当にでっちあげ。
 あとは手首のポリキャップ周りをバーニアパーツでディテールアップするための下ごしらえをして、といったところで終了。

 明日は学校に行って、プリントを誰かにねだろう。。。
 だ、ダメじゃん俺。


あからさまに、AKIRAのバイクがモチーフですな。
01.28 (Sun) 23:40 [ 動画 ] CM0. TB0. TOP▲
 だってさー、波がざばばーん、って。
 頭の上から降りかかってくるんですよ。
 ざばばーん、って。
 妙な体勢で岩の上に立っていたら、足元洗われちゃってりゅww
 スパイクスニーカー履いてこない人間には、磯は危険です。
 というか、死んだ。
 いや、マヂで死んだ。
 釣具屋さん、今日の城ヶ島の天気とか教えてくれればよかったのに。
 おかげでもう、今日は五度ほどずぶぬれになりましたとさ。。。



 人生初の磯釣りにいつもの友人と出かけたんですよ。
 ええ、まあ何というか。
 若さゆえの過ち、とでも言いましょうか。
 うん、本当に過ちだったww
 おかっぱりの優しさが肌身にしみた。
 メジナなんてまだまだ敷居が高い、高すぎるんですよ。
 ライフジャケット持っていたから辛うじて精神状態の均衡を保てた気がするが、海、こえぇ!!
 大波、こえぇ!!
 ありえん、まぢ有り得んから!!
 ほら、天気予報で土曜の天気はいいでしょう、みたいなことを言っていたじゃないですか、今週末。
 テレビの予報と、海辺の実際の天気って、ぜんぜん違うわ。
 風がびゅうびゅう吹く。
 海からの尋常でない風は、海面をうならせる。
 もう、いやというほどうならせる。
 ばしゃーん!!
 びちゃーん!!
 そして、ずぶぬれの俺!!



 なにげに、城ヶ島では初の日中釣行だったんですよ。
 なのになあ、もう、友人と二人して敗戦国の気分を味わうことに。
 初めて配合餌の撒き餌とかにも挑戦したけどね、あれって難しすぎるし。うん、もう当分イソメと波止で充分な気がする。
 城ヶ島で唯一釣れたのは黄金色の魚体をしたメバル一尾。
 サイズが大きくなかったのでリリース。
 おまけに円錐ウキごと仕掛けもリリース。

 いかん、このままここにいたら、喰われる。
 海に喰われてしまう。
 Orz


↑城ヶ島からの帰りに見た前方の車。後部トランクから何かをぶら下げて延々と走っている。大きさがちょうど子供一人分くらい納まりそうな袋で、友達と二人で気味悪がっていた。プライバシーの配慮をと思ったが、ナンバープレート見えないので問題なし。↑

 そんなこんなで夕方には城ヶ島から撤退。
 帰りがけにせめて明日の晩御飯を釣っていこう、とまたいつもの病気が始まって、夜釣りに突入。
 今年最初の長浦先端で、20センチ手前のなかなかイイ重みのあるあたり。
 埠頭にはいつぞの観艦式の時と同じように自衛隊の駆逐艦が、ズゴゴゴゴーン!!と停泊しているんですが、果たして釣りをしていていいものだろうか、とドギマギしていると、艦隊中腹からかかるタラップの手前にいた制服の自衛官の方が、

「ええ、どうぞ。先端でやってください」

 と気軽にこたえてくださった。
 いつぞやの観艦式の時の港湾局のおぢさんの対応とは全く違う、柔和な印象であった。

 12時前に夏島に移動。
 こちらでも20センチ手前のおいしい型を3尾ゲット。
 ようやく竿に明確なあたりを感じることができ(なぜなら日中は城ヶ島で散々なことになってしまい、とっても微妙なセンチメンタリズムに陥ってしまったからだ)、安堵の溜息を漏らしていた友人と俺。


↑長浦での今年の初釣りは、20手前のメバル。↑

 結局、3時前まで長浦と夏島で合計で4尾(頭から尻尾先まで15cm以上20cm以下)を釣り上げ、晩御飯にと持ち帰ります。


↑今日の釣果。やはりメバルは長潮の夜釣り、ということなんだろうか。かなりあたりがあった中でも、持って帰ったものは一応すべて15以上のはず。ツワモノどもが夢のあと。裁くのがまだまだヘタクソで大変だった。。。↑

 家に帰ってからの2時間ばかりが魚をさばくのに利用された。
 やばい、今もう眠い。
 寝ます、お疲れ!!

01.28 (Sun) 05:49 [ 釣行 ] CM0. TB0. TOP▲
 テストが山場を越えて、とたんに腑抜け始めています。
 簡単な人間です。
 でも、私法概論だけはどうしようかとやっぱり迷い中。
 週明けにはやっぱりきちんと学校に行って、どなたかにプリントを頂けるよう、便宜をはかってもらおう。



 ということでガンプラいじりにも少しせいが出ます。
 写真がupできないのは勘弁。

 GM QUELの脚部前面のパーツが面イチの構成になっているので、別パーツっぽく見せるために切り出し、プラ板で再成形。膝小僧の出っ張りパーツも切り出そうかと思ったものの、さすがにそこまで手を入れると、またダラダラずれこみかねないので省略。代わりにパーツ周りをコリコリとデザインナイフで削りこんで、別パーツっぽく見えるように工夫。



 足首から下のスリッパパーツはやっぱり見てくれがよろしくないので、前後に切り分けて爪先可動に変更。かかとは接着予定。本当は一気に両足の処理をしたほうが良いんだけど、前回にもやったことのある耕作なので、今日は両スネと片足スリッパで終了。


 あんがい今回のGM QUELは素直な改造で終わりそうです。
01.26 (Fri) 23:55 [ gundam ] CM0. TB0. TOP▲
桃井望(AV女優)焼死事件、民事の判決は「他殺」認定


 いや、こんな微妙なカタチでAV女優知識とかひけらかすのはなんだと思うが、えー、桃井さんのデータは持っています。別に熱狂的なファンだったとかではないしね、わざわざ書く必要もないんだけどね。
 なんか気になったんで、まあブックマーク程度に。



 それにしたって、刑事では自殺ってことになってるのに、民事では他殺ってことになると、今後はどうなるの(あるいはどうもしないのか、そーゆう人のことには関わんねーよ、な感じですかポリスは)?

 以下、記事より抜粋。
 >>長野県塩尻市内の河川敷で02年、燃えた車の内外で男女の遺体が
 >>見つかり、同県警が無理心中と他殺の両面で捜査を続けている事件
 >>で、死亡した同市の会社員酒井宏樹さん(当時24)の母親が、住
 >>友生命保険を相手取り死亡保険金約3500万円の支払いを求めた
 >>民事訴訟の判決が23日、長野地裁飯田支部であった。

 >>松田浩養裁判長は「第三者による他殺と認められる」と認定、「自
 >>殺」と主張して保険金を払っていない同社に支払いを命じた。

 >>捜査機関が捜査を継続している段階で、民事判決が「他殺」と認定
 >>する異例の展開になった。

 >>事件は02年10月12日夜、塩尻市の奈良井川河川敷で宏樹さん
 >>の乗用車が燃え、車内で宏樹さん、車外で宏樹さんと交際中の東京
 >>都の女優の女性(当時24)の遺体がそれぞれ見つかった。
 >>女性には複数の刺し傷があった。

 >>判決は、宏樹さんの亡くなる直前のメールや電話内容、直前に時計
 >>を修理していたことなどの状況証拠を踏まえ、「死の直前まで生活
 >>の継続を前提として暮らしていた」と指摘。
 >>「突発的に自殺を決意し、交際相手を殺したり、車に放火したりし
 >>たと合理的に説明することは極めて困難」とし、「(2人は)何者
 >>かに殺害されたと考えるのが自然」と結論づけた。

 >>民事での「他殺」認定を受けて県警は、「判決の詳細はわからない
 >>が、民事裁判の結果がどうであれ、無理心中と他殺の両面で引き続
 >>き捜査するという方針は今後も変わらない」と話している。






01.25 (Thu) 23:57 [ 動画 ] CM0. TB0. TOP▲
 レポート提出を終えての帰り。
 父親と品川駅のホームでばったり出会ったんです。
 我が家では、父親との会話ってほとんどねーの。
 そんなくせに、こう言う時にかぎって、ばったり父親と出くわすという。

 なんだこれ、なんだこのくじ運の良さ(あるいは、悪さ???)。

 普段はめったに話さないような会話が始まるのです。
 それこそ、最初は学校の話とか、単位はきちんと取れているのかとか、同じ学科の奴のこととか、サークルのこととか。
 でもね、いつの間にかものすげー地元ネタな会話ばかりになって。
 なんでそうなったのか分からないんだけれども、カラオケのことについて話がやりとりされるようになったのね。
 たとえば、お前はどんな曲を歌うんだとか。
 どれくらい行っているんだとか。
 よくよく後から分かったのは、父親がものスゲーカラオケ好きだってこと。
 
 ひょんな流れで、親父の行きつけのカラオケ居酒屋に同行することになった。
 親父の十八番は中島みゆきらしい(ものすげー好きらしい)。
 カラオケが別に嫌いではないんですけど、親父が歌っている横で合の手を差し込んでいかないといけない俺。。。

 そして、なんでだ??
 なんで同級生のお母さんがいらっしゃるんだ。
 しかもものすげー酔っ払ってるし。
 どう立ち回れば良いのか、ものすげー困りました。。。

 親父の行きつけで焼酎のお湯割りを2杯、ロックを一杯。
 親父は親父とはいえ、結局今の20そこそこの俺らがダチとつるんで遊ぶのと同じような要領で、きっと遊んでいるんだろうな。
 もちろんそんな遊び呆けているとお袋からどやされるんだろうけれど。
 なんだか、否定できない自分の遺伝とでもいうのか、やっぱり俺はこいつの子供なんだな、みたいなものを身体で感じたというか、そんな複雑な気分です。



 しかしさー、親父との人生始まって依頼の初めての盃が、こんなたまたまの拍子で訪れようとは。

 まったく、人生ってよく分からないもんです。
 おお、俺ひまんぢか?
 ポスト糖尿病か?
 ポスト急性くも膜下か?
 ポスト脳溢血か?

 HDlコレステロール値がかなり高いですが心配ありません。
 とは、医師の診断の欄にある言葉。

 おい、ちょっと待ってくれ。
 そのHDLコレステロール値って、なんだっ!!!!



 慌てて家に帰ってググってみたところ、HDLコレステロールは善玉。。。みたいなことが書いてあるんですが。
 じゃあ、なんでそんなに数値が高いんだよ、俺。。。

 やっぱりあれか、俺はよく自分で痛感している通り、燃費が悪い男なのかww
 ちなみにBMI値がちょっと気分的に高めな19.7です。
 走ります、ええ、走ってもっと燃費の悪い男の子になりますっ。



 病院からの帰りに釣具店でついにライフジャケットを購入。
 磯に出る気満々。
 いや、安かったからの衝動買いなんですけど。。。
 テスト勉強とかレポート勉強とかに地味に明け暮れる日々を過ごす中、いつしか伸びていた髪の毛を、頭のてっぺんでまとめてみる。

 朝風呂のあと、さっぱりした洗い髪を乾かしながら、もしゃもしゃと撫で回していたら、ちょっとヘンな髪型が出来上がる。

 そうか。
 髪の毛をいじったりして遊んでられるのも、もうちょっとの時間なのか。
 とかふと思う。
 うーん、正直これはナンセンスだ。
 中学の時に一度だけ美容院に行って以来、この10年もっぱら自分で髪の毛をいじくってきた人間にとって、社会人になる=髪の毛の制約というのは、そこはかとなくナンセンスだ。
 アイデンティティの喪失、なんて厨房じみたことさえ思ってしまう。
 うわわん、うわわん。
 ちょんまげのサラリーマンとか、ダメですか?
 だめですよね。
 あー。
 うー。
 なんて、一喜一憂する日々。



 せめて、パーマとかかけようかな。社会人になったら(笑。
 それはそれで、人生で初めての試みというか。



 さー、あとレポート1個だー。
 サクサク片着けて、あと1個の試験にのぞもうー。



 ……ちょんまげにした瞬間に、自分がラーメンズに思えたのはきっと気のせいです。。。
やばい。
凄すぎる。
京急が貸切電車って。
タモリと岸田が熱く語る、

上大岡すらも通過する電車。。。

まさにお召し列車!!

てか、こいつらの会話が熱すぎる。。。
 ぬるま湯で育ってきた僕らからすれば「なんとまあ、軍隊じみた」といわざるを得ない。中教審のお歴々が喜色満面で「今度の審議が通れば日本の教育が変わる」というが、なに。
 そんなに素晴らしいもんかねえ。
 自分達が持てなかったものを子供に持たせようとするのは、大人の愚ではないのか。
 まあ、それが親心だとかいわれれば仕方ないけどね。
 しょせん高望みだって。子供に夢を見たくなる気持ちは分かるけどさ、子供でアンタの夢を実現しようとするなよと。

 ゆとり教育なんてさ、今にして思ってみれば、格差社会の都合の良い隠れ蓑というかなんというか。
 “一億層中流”という幻想は競争があったからこそのもののようだ。そう思いながら、そんなユトリを身にまとうダルダルな俺達の子供だもの、きっとその子もダルダルだって。

 そんな風にしてこの国は、世界は長期的な債務を抱えていく。

 イジメを定義するとか。
 仲間はずれはイジメだとか。
 そんなことぶつくさと論議しているわりに、共謀罪を取り締まる法律を作ろうとしている国家ってのは、時として邪をする点ではいじめっ子じゃないのかね、とかね。




 クソッタレな世界に堕ちたクソカスみたいな奴の言葉。
 あー。
 レポートそっちのけで素組みしてしまった。

 ところどころ白い部分は在庫のヘイズルパーツから持ってきました。
 まあ、たぶん腰周りと下半身は改修を施すことになるだろうから、クウェルから持ってくる必要ねーかなと。



 何よりアンタ、お顔がいかす。
 いなせな二枚目です。アンタほんとにヘッポコメカの遺伝子を受け継ぐ人なのか、と。そんくらい顔がいかす(ピンボケごめんww)。



 とりあえず、簡単な後ハメ加工とかを部分的に行っています。
 腕は下腕内部にはよくある作例の後ハメ加工を。上腕の回転軸に関しては、ダボを全部捨てて新しくピン式の回転軸を作ったほうが楽なんじゃないかなと思うので、今は素組みのままです。

 腰周り。見た目は良いんだけど、後ろを見るとお尻がツライチになっていて、なんかケツでけーなーお前…って感じなので、ヘイズルのフロントアーマーを持ってきて可動するようにしてしまおうかなあ。MGだと可動するんだよな、確か。

 足首は前後で切断して爪先可動にすると思うので、最初からもうヘイズルの予備パーツを持ってきてとりあえず組んどきました。
 この辺りは2号機から何も変わっていないんだろうけれど、思ったよりもモッサリしているのはきっとヘイズルのフレームをそのまま使っているからだよな。足首周りのカバーがちょっと外に出すぎな気がして、それがちょっと個人的にかっこ悪い印象です。

 組み上げてから思ったのは、アマゾンとかでやたらと“膝下がデカイ”とか“ゴンぶと”とかいわれているスネ部分が、思ったよりも大きく感じないのよね。。。周りにヘイズルとか置いてるせいだろうか。
 でも、パーツ構成の関係で組みあがった時に正面の膝小僧部分がツライチっぽくてイヤなので、ここは上下に切って別パーツっぽくしようかなあ。足首内部の間接も作り直したほうが良さそうな気もするし……というくらい。
 キットの全体的な印象は結構良いかな(まあ充分贔屓目に見ていると思うけどね、ジム馬鹿ですから)、いかにもカトキっぽいバランスではあるけれど。



 そんなこんなで、手近にいたガンダムさんたちと並べて比較してみました。
 うん、手ごろにまとまっていて良いんじゃないかと。
 っていったところで片方は改造し放題だし、もう片方はそもそもがマッシブだから、総体的にクウェルがスマートに見えるのは仕方がない現実なわけで。。。

 いかがでしょう?
01.19 (Fri) 15:15 [ gundam ] CM0. TB0. TOP▲
 今日は朝から区内の某クリニックにて、会社から申し付けられていた健康診断を受けていた。
 行った先が、驚くほどおばちゃんお姉ちゃんばかりで、何か俺は来る場所を間違えたんじゃなかろうかと思うくらいにアウェイ気分である。着替えもしなくて良いですよといわれる。着替えてないの、俺だけ。またアウェイ気分。

 尿検査で尿がちょっとしか出なくて困った。
 身長はアベレージで175オーバーが確定した。これからももうちっと伸びて欲しい。血圧は体育の時間に計算したよりも低くて安心した。下が65で上が109とかだったか。
 眼鏡使用でも視力数値が幾らか回復した。というか、明らかに眼球という器官の映像処理機能よりも、視覚情報を解析する俺の脳みその機能が打算的にあがっているのではないかと思う。つまり、ある程度のリンカクがあればそれが何でどんなディテールをしているのかが分かる、みたいな慣れのようなもので。
 というかさ、よくよく考えれば視力検査なんて厳密に検査できてないと思うんですよ。性能実験なんていくつもしないとさ、本来の機能なんて我々には認知できないわけですから。

 とりあえず、そんな感じでお前は健康体であろうとハンコを押された。喫煙歴が若干あるし、肺の映像を見るのにちょっとドギマギしたが、医者が「うん、問題ないです」とか本当に何もないかのようにいうので、大丈夫ということにしておいてください。うん、やっぱり段階的に絶煙していこう。
 で、唯一そのクリニックで気になったのは、やたらと階段や部屋に飾られる、盾に入ったいくつもの色紙のサイン。部屋によっては、壁掛け時計の枠や文字盤にまでサインがされている。
 誰だよ、誰のサインだよ。
 よくよく近づいてみると、

「関根勤」
「ウド鈴木」
「天野ひろゆき」

 はぁ?
 なんで?
 なんでこんなところに来てるんだ、あんたら??

 そんなこんなで昼前に学校に到着。
 血液検査に3本血を採取されていたので血が足りないと思い、レギュラー満タンでの勢いでマックに向かう。メガマックのセットを初めて食してみる。なんというか、ビッグマックの肉量を2とするなら、メガマックの肉量は3かなあ。実際には4枚乗ってるんだけど、なんだかその、1枚1枚がちょびっとずつ薄そうな気がするのよね。まあ、充分に油脂分取れてるんだけどさ。

 会社に出す証明写真を取り、わざわざ3cm×4cmに切り出し、授業を受けて、帰りに横浜で下車して速達で会社への連絡を出し、ついでとばかり横浜のヨドバシに向かう。

 やったよママン。
 ジム様が、ジム様がいっぱいいらっしゃったよ。

HGUC 1/144 RGM-79Q GM QUEL

 いや、なんでお前ビックカメラのページ出してるんだよ、って話はしないで。
 しっかり2箱購入。本当は3箱でも良かったんだが、ものすごく一人でテンションを上げまくっている自分を冷静な自分が諭した。
「そんなに買ったってアンタ、アンタのプラントには一体どれだけの余剰機体があると思ってるんですか」
 結局一機は素組みで、もう一機は何かとパチるための予備機になりそうな予感。まさにヘイズル予備機。

 やべー。
 やベーよ、俺ティターンズがぞくぞく家に結成中。
01.18 (Thu) 21:22 [ gundam ] CM0. TB0. TOP▲



 flowとギアスをAMV=MADネタに。
 よく素人さんのつないだOPとか見るんだけれども、クレジットが入ってるとちょっとやりづらいのよね。ああいうのもやれる人はすごいと思う。
 音ネタはエウレカの1クールで使われていた曲をフルスケール使いたかったものの、ラストがフェードアウトだったので、わざわざエウレカのTVサイズの音源を見つけてきて、無理やりつなげ、イントロもなんかじゃあやっちゃえよということでサンプリングした音源をループでつなぎ、ちょっと伸ばし。
 や、個人的には満足したものの、どう考えても継いだり接いだりをし続けてノイズが増えてしまったような。
 若干エウレカのOPのケツを意識してタイトルを最後にも持ってきたものの、うーん。。。

 まあ、自己満足。



 健康診断が間に合いそうにない。
 レポートのネタをさらうのに必死になっている。
 web研修が何気に滞っている。
 週末には磯での釣り予定が入ってしまった。
 まずい、まずいぞ俺。
 
01.16 (Tue) 21:40 [ 動画 ] CM0. TB0. TOP▲
 復讐というイデオロギー。
 世界は時に復讐劇というドラマツルギーによって出来上がる。
 それはある面においてはプロパガンダであり、やはりある面においては確かに真実である。ただ、どうしたって、どこかの誰かがこしらえた謀りごとがきっかけで動き出すのであるからして、世界はやはり復讐劇によって成り立っているといえよう。

 先王である父の敵を撃たんとするハムレットしかり。
 タイタスに我が子を殺されたタモラしかり。
 あるいは、脊蟲と見下され続けたグロスター公・リチャードしかり。

 復讐というのは、結局のところ、実に都合の良いものである。

 なぜって、復讐は基本的には当事者か、あるいはその当事者から限りなく近い=身内に対してもたらされた不幸に対するカウンターだからである。
 他人の不幸を拭い去るための復讐をしよう、なんていう人間はまずいない。たとえそれがどんなに勝手気ままで誇大妄想的な主義からくる復讐であったとしても、結局それは当事者にとっては“自分の身に起きたと同等の惨劇”なのだから、もう外野が何をいおうと埒が明かない。

 復讐というのは、結局ひどく自分勝手な主観によって繰り広げられるワンマン・ショーなのである。

 “復讐”というイデオロギーを身にまとった時、人はすべての制約から解放され、ただ純粋に“復讐”のために行動する。
 何よりもそれが最優先の課題になる。
 そこで繰り広げられる残虐な行為は、常に“私(わたくし)の復讐”という大義名分のために揉み消し、噛み殺し、腹の奥底の暗闇に呑み込まれる。
 何が現実で、何が幻想か。あるいは、何が善で、何が悪か。そうした公共福祉的モラルなど必要ないのだ。ただそこにあるのは極めて宗教的で、スポーツ選手のようにストイックな“復讐”というイデオロギーに対しての“信仰”のみ。だからこそ時に彼等は社会から悪魔と呼ばれ、あるいは殉教者とたたえられるのだ。

 かすかなロマンティックの香りと、ピュアな感情――恐れ、嘆き、悲しみ、痛み、憎しみ――、そうして対象を純粋に“おもう”姿勢は、あたかも恋と同じもののように思える。
 我々は“復讐”を思う時、恋をしているのかもしれない。
 世界中の神話が恋と嫉妬で語られるのは、あるいはそのためか。



 いやさ、大好きなんですよ、復讐劇。
 まあ、復讐劇が好きな国民性っていうか人間性っていうのも、きっとどこかで生まれたスタンド・アローン・コンプレックスなんだろうけどさ。

 ということで。
 コードギアス 反逆のルルーシュ
 よく見ております(大笑。
01.13 (Sat) 23:03 [ 茫洋文 ] CM0. TB0. TOP▲
 とりあえず、あと1コになった。。。
 でも、これ一番重いじゃん。2月1日までにあげないとじゃん。
 来週頭に昨日今日であげたレポートを提出するとして、合間にテストもあるし、あ、やばい。おまけで会社からいわれてた健康診断も受けなきゃならんじゃないか。てかおい、そろそろ会社のweb研修が締め切り時期じゃないっけ?
 ・・・分かった。
 俺、頑張るから。
 神様。
 もう少し、俺の人生の時間を濃くしてください。



 こんな時だけ神頼みしたってアンタ。
 明日明後日はバイトです。
 ちょっとにつまり気味。
 趣味のほうも最近足が遠のいてるしなあ。



 今が辛抱ですな。はい。
 久しぶりに学校に行った。
 今年こそ、とひしひしと思う俺(ヲィ。
 レポートはあと2つ。
 頑張ろう、俺。

 謝恩会というのがあって、そこのうぇぶ担当になった。
 祝いのイメージがイマイチ自分にはないもので、なんだか不思議なことになってしまった。
 これで良いのか、俺。
 こんな仕事でいいのか、俺。
 シンプルにしてちょっとカッコよく見せようとしてるけど、それってようは手抜き?みたいな。。。

 謝恩会のぺーじ
01.11 (Thu) 23:56 [ 茫洋文 ] TOP▲
 あかん。
 どんどん人間が退化していく。
 あかんよ。
 人間としての機能が退化していくよ。
 四肢を動かせ。
 顔の筋肉をフル活用して。
 もやもやっとした今をぶち破らねば。
 使わない筋肉や骨格がどんどんくすぶって、さびついていく過程は、決して人間が丸くなるのと同じことではない。
 人間が丸くなる、ということだって、決して牙を抜かれてしまうことではない。

 そうだろう?
 そうなんだよ。

 なんだ、その脆弱なぼでぃは。
 なんだ、そのぬるい脇腹は。
 なんだ、その腑抜けた顔つきは。

 どうした俺。
 あの頃の俺はどこへ行った。



 そんなことを思いながら
 「でも面倒くさいし、明日で良いじゃん?」
 なんてちょっとでも思ってしまう自分に、かなり幻滅の毎日。



 レポート終わったら走るぞー。
 ソーシャルネットワーキングサイトが注目を浴びている。
 巨大な情報共有と相互交換のネットワークに投資家の目も向き始めた。
 でも、そんなこと大したことじゃない。
 インターネットがこの世の中に生まれた時からそれはずっと続いていることで、単にユーザーが極端にド素人でも、インターネットと接続できる環境さえあれば情報の海にダイブすることが容易になった、とまあそれだけのことだ。
 おかげでどうでもいい下らない情報ばかりが乱雑に海を濁し始めた。
 この僕でさえ(なんて言い方をするとイラっとくる人もいるかもしれないが)、恐らくその海を濁す張本人だ。
 重要性の低い情報ばかりが垂れ流しになる。
 検索をかけてもダミーに足を取られ、上手く理想的な情報源までたどり着くことができない。
 ブログなんてものは、本来ホームページをビルドアップすることすらできない人のための簡易ページだったわけだから、おかげでますますソースも不確かな情報源ばかりが増えていく。ネットワークは三次元的に拡大し枝分かれを繰り返し、いびつな構造を兼ね備えたネット≒罠になっていく。
 情報がますます不確実な、あやふやなものになっていく。

 二年前、mixiを始めた。
 友人から誘われてのことで、当時の印象としては、ちょっとした情報社会のサロンのように思っていた。
 入会して半年ほどの夏、世間ではもうすぐ会員数が100万人を越えると噂された。一年半ほど前のことである。
 この春、ユーザー数は1000万を軽く越えるだろう。
 それだけの人間が、情報を垂れ流しにしている。それも取るに足らない内容の、手帳に書き記しておく程度の、日記的内容。
 もちろん、それなりに情報価値の高い記事を書いている人もいるということは事実である。
 ただ、それを度外視して、あまりにもどうでもいい内容の記事が多い(何度もいうがそれは僕の書く日記にしても同様だ)。

 インターネットという新たなツールは、確かにマイノリティにとって貴重な武器ともなりうる。その点で、それらを支援するような新たなツールとしてのSNSという意味では、ある程度意味をなしえたように思う。
 もちろん、誰かの大事な主張がそこに書き刻まれることもある。
 けれど、他人様のどうでもいいプライベートを覗く趣味はない。
 妙な荒らしや炎上さわぎに巻き込まれたくないし、個人を騙ってブログ内容やコミュニティのレス記事を出版しようとするマスコミにはうんざりする。最近は妙な足跡が多いなと思ったら、あからさまにお前「
出会い系」のサクラだろ、という生娘や、「○○の成功者」とかいう見るからに自意識過剰なソーホー、マルチ商法のシンパらしき人物が足跡を残す。これなら主婦層から「主人が出張で家にいなくて寂しいの。お暇な時に会ってくださらない?」なんてかなり怪しげなメールを送ってくる律儀なメーラーさんのほうがまだマシである(行為が明らかに分かりやすく、こちらも対応がしやすいからだ)。
 ソーシャルネットワーキングも今や2○ゃんねる化してきているということか。
 オフラインの会話でさえ、時折インターネット、ことにSNSで自分たちが記述した情報によって成り立っている。
 世間話、井戸端会議程度の内容を、わざわざインターネットにアップロードする必要はないのではないか。いらぬ悶着の遠因を作る程度のことしかしないのなら、インターネットなど無意味だ。もともと顔や名前の見えないインターネットだから、それを利用していたずらや鬱憤晴らしをしようというのなら、そんなものは必要ない。

 インターネットが使えるからって、うぬぼれるな。という話である。
 誰もが情報源となりうる情報社会、なんて触れ込みに踊らされて何か浮ついた気持ちになったところで、結局きみはきみのままだ。

 さて、そろそろエクソダスの準備をしなくては。
 なんていったところで、時間は延々と交わることのない直線なのだろうと形而上的に考えれば、常に瞬間瞬間が新しい刻をきざみ続けているわけなんだけれども。

 一応、あけましておめでとうございます。

 今年こそ卒業。
 あんど、社会人になり、ボーナスを頂いても何の後ろめたさもないような、きちんとした仕事をこなせる人間になりたいです。



 年越し年明けと色々だったんですが。
 記憶に残っていることを、とりあえず少しずつ。



 大晦日には、中華街へ飛び出した。
 爆竹をひたすら鳴らし続けるごろつきどもは、きっと中国人じゃないんだろうな。
 久々にあった友人と飲み交わした紹興酒は格別。
 相変わらず、時代が流れても自分たちの根底にあるものは変わっていないんだな、と再確認。



 年明け早々、釣りに行く。
 今年初の釣りは三春町岸壁。
 年末年始と時間を問わず、狙うは冬のクロメバル。
 ひたすら20センチクラスのあたりを求めるものの、なかなか上手くは行かず。

 まあ、なるようになるさ。
 なんにせよ地道に、しっかりと足場を固めつつ進んでいこう。



 追伸。
 メバルの背びれが革靴に刺さり、流血寸前のものすごく痛い事に。
 メバルの背びれは凶器です。
01.02 (Tue) 05:08 [ 茫洋文 ] CM0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。