上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いや。使ってるんですが。
 やはり、たまに気にするんです、著作権とか。
 MADムービー作ったりする人間としては、やってること自体が良くないのか、或いはそれに使用したソースの著作権遵守かそうでないかが気になるのか、そこらへんのところがよく分からない。
 基本的に、僕は自分の作ったものに対して、何らかの権利を主張する気はないんですけども。うーん、どうなんだろう、どうなんだ?

 youtubeでちびちびと自分でつぎはぎしたものをupしたりしているのですが、うーん。やっぱりやめたが良いかな?

 個人的にはやりたいことがやれて面白かったりするんですが、それがやっちゃまずいことだったら、やっぱり面白くないしね。

 ということで、そのうち消したりする予定です。
 もしお暇だったら、ちょこっと見てやってください。



 VIPPERブログや某所でちょっと取り上げられてしまい、ヲドヲドし始めました。。。

  
スポンサーサイト
09.22 (Fri) 18:56 [ 動画 ] CM0. TOP▲
 釣りの話。



 そういえばね。

 この夏、いろいろありまして、ひょんなことから釣りを始めました。
 釣り自体は、小学生の頃にほんの少しだけやったことがあったんだけれども、なんというか、その当時のふいやんは、辛抱のきかない子というのか、釣竿を垂らしてじっとしているという行状に耐えられない子供だったもので。あとほら、釣り餌のイソメって、とってもウネウネぐにゅぐにゅしていて気持ち悪いじゃないですか、なんか噛まれそうだし。だもんで、そんなだったら磯遊びや虫取りをしていたほうがマシだい、という思いから、まったくその当時は釣りをやらなかったんですよ。

 わざわざ出不精の父親を引っ張り出してきて釣りに行こうといっておきながら、当の本人は磯弄りというね(当時親父カンカンだったww。

 で、23にもなって、いろいろ思うことがあり、釣りを始めたんです。まあ理由はいろいろなんですが、一言でいえば、



「夜の世界から、昼の世界に戻りたくなった」
といったところでしょうか。



 ……夜回り先生か俺はww。

 で、まあほぼ初心者、というか普通に初心者?
 だったもので、地元の仲間やちょうど帰省中だった友人と集まって、釣りに行くことが今年の夏は多かったんですよ。
 軽い同窓会のような気分で。ダラダラと喋りながら、ぼんやりと景色や海を眺めながら、釣れねえなー、釣れねえなー、とつぶやきながら、一度しかけに魚がかかれば活気付くという。晴天の下、朝から晩までいるようなことが何度かあったりもして。お前、ガキンチョの時はあんなに辛抱なかったのに、まるでジジイみたいじゃないか?!と思うくらい、釣り待ちしているのが楽しいのです。釣りと、その釣りをしている時間の過ごし方が楽しいとでもいうのか。

 まあ、おかげでこの夏で3度も日焼けで皮膚脱皮したしww。

 最初は友人が貸してくれる竿をずっと使っていたんですが、何度も釣りをしているうちに、やっぱり自分の竿が欲しいよねとか思い出したり。実際釣りに行く時に潮の流れを考えようと思い出したり、天気情報を見たり、今日はアジを狙ってみたいね、とか思ってインターネットとか駆使して情報を仕入れたり。
 やはり、今までに経験した事のないレジャースポーツ(といっていいのかな?)なので、色んな知識が増えていったりするのが楽しいです。自分の竿とリールを購入した現在、こりゃ下手すればまた散財を始めてしまう趣味が増えてしまったんじゃないのかねと思いながら、休みの日が近づくと釣竿を手入れしている自分の姿が、少し目に浮かびます。


 非常におっさんくさい趣味なのかなとも思うのですが、やはり楽しくて仕方ありません。釣りを始めてすぐだというのに、この夏は船釣りにも出かけ、非常に釣り三昧な夏でした。



 とまあ、そんな夏休みの過ごし方をしました。



 ちなみに、いまだにイソメは気持ちワリーと思っているので、素手では掴まないですけどね(^^;弱。
09.18 (Mon) 01:07 [ 釣行 ] CM0. TOP▲
 もっと早く起きて学校に勉強をしに行こうと思っていたんだがなあ(失笑。



 夕方4時前に学校に到着。
 サークルの秋公演(新人公演)に向けての稽古がそろそろと始まっていたようで、後輩達が和気藹々とやっているところにちょっとお邪魔しました。
 9月になって急に冷え始めやがったもんだから、みんな身体に気をつけてね。どうもここ数日は10月並の気候らしいので。
 まだまだ時間は充分にあるのです、いろいろ身体を動かして、いろいろ頭も動かして、喋り方、声の出し方なんて一つしかないわけじゃないんだから。色んなものを見て色々盗んだり研究したり、じっくり打ち込んでやってください。



 その後、夕方6時前に、新宿の全労済ホールへ。
 先月亡くなられた鈴置洋孝氏のお別れの会に行ってきました。

 何というかね。
 やっぱりイマイチまだピンとこないんですよね。
 ブライトはいつまでもフィルムの中でブライトなわけだし。天津飯もずっと天津飯なわけだし。フィルムの中であの声はずっと生き続けるわけであって。
 だからやっぱり、死んだというのを知った今でも、イマイチぴんと来ない。

 亡くなられた鈴置氏は舞台での活動も非常に熱心に行っていたらしい。ブライトや天津飯からは想像もつかないほどユーモアのあるひょうきんな人だったようで、アルコールもかなり好きだったようだ。劇場版ガンダムの作成の際には、声優陣のギャラ値上げのために矢面に立つこともあったようだ。実際アニメ業界のことを自分がどれほど知っているかといえば、ほとんど無知の部類になるが、全体的に働きやすい環境とは、やはりいえないようである。

 人望のある人だったのだろうな。

 6時前、ぎりぎりで全労済ホールに到着。ちょっと場所が分からなくなり、行ったりきたりをしているうちにしとしとと降る雨で濡れてしまっていた。
 あっちへこっちへと走り回った末だったので少し息が切れた。
 建物に入ると正面に、生前の氏の遺影が飾られている。
 もちろんその顔は、ブライトさんでも天津飯でも、はたまた聖戦士星矢の紫龍でもなく、鈴置洋孝という、一人のおっさんの顔である。いい顔だ、と思う。どこかで見たことのある顔だ。たぶん何かの声優番組とかにゲストで出演していたところを見ていたりしたのだろう。おお、ヲタクだな、俺。
 慌てて駆け込むようにしてホールに入ったので、献花の列がどこか分からずに右往左往すると、ホール内のスタッフの人(たぶん、氏のプロデュースしていた劇団なんかの関係の方だと思う)が声をかけてくれた。なんとも情けない、その時の恰好のちんちくりん具合から、とっぽい高校生とかに間違えられたかもしれない。
「献花をお済ませでないようでしたら、あちらのほうにお進み下さい」
 そう促されて、左手の入口からホール内に入る。
 とても広いホールである。
 普段は舞台などの催される可動式の多目的なつくりで、こんなところで芝居とかやったらきっと楽しくて仕方ねーんだろうなあ、というようなつくり。
 そのホールの正面に、引き伸ばされた故人の遺影と、たくさんの花が飾られている。手前には椅子が整然と並べられていて、ところどころに訪れた方(弔問客、とはさすがに呼べないか)が座られており、時折すすり泣くような声が聞こえる。老若男女問わず、いろんな世代の人がいるようだった。なんとなく俺、門外漢なんじゃないのか、と気後れしそうになる。

 献花台の前に立った。
 そろそろと場内も空き始めていたし、少しゆっくりと時間を置きながら、遺影の正面で対峙させてもらった。
 特に何か、ことさらにこみ上げてくるものがそこにあったのかといえば、ない。
 ただ、これで新しいガンダムを作る時に、例えばそこにブライトが必要だったとしても、あの声はのせられることはないのだ、という現実だけがある。
 遺影の顔はただ笑っている。ちょっとはにかんだような、しかし気さくさをうかがわせる笑みである。

 遺影の側に、生前氏と縁のあった人々の名前が並んでいた。あの人やこの人や、本当によく見る人達の名前がそこにあった。文字通り、戦友なのだろうな、と思った。古谷徹氏や堀川亮氏とは特に仲が良かったようだし、実際彼等とともによくアニメーション上では戦っていたな、と思い出す。

 献花を終え、いくつかのパネルが飾られた廊下に出た。
 どの顔も、若い時の顔も、年をとった最近の顔も、どれもはにかんだような、気さくそうな笑顔である。ふむ、この人はそういう笑い方をしていたのか。そうか、好かれるだろうな、きっと、と思う。

 会場を出る前に、もう一度正面に飾られた遺影を振り返る。
 やっぱり遺影の中の氏ははにかんだような、気さくな笑顔である。ずりいなあ、まだ俺あんたの声しか知らなかったんだけどなあ。そう思いながら、会場を後にした。



 追伸
 ちょっとだけ気に食わないことがあった。
 これは前にも書いたことがあるけれど、ああいう場で、写メールするのやめようよ。なんか気持ちは分からないでもないけど、大人げないというか、マナーなくないっすか?
 と、カメ小っぽい人達に、そう投げつけてやりたかった。
 案外自分のしていることも、そういうのと大差なかったのかもしれないと思うと、また凹むのでやめます。



 弾幕薄いぞ、なにやってんの。
 もうあの台詞をいえる人は、いないのだ。
 さて。
 リニューアル、といってもまともにしばらく稼動していなかったwebなのですが。いや、リニューアルしたところで、どうあがいても私・ふいやん個人のプライベート・スペース以上のものにはならないと思うのですけれど。

 ぼちぼち、ブログなるものを使っていきたいと思います。

09.13 (Wed) 23:36 [ 備忘録 ] CM0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。