上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月28日(土)13時~24時

 夏の横須賀、長浦といえば、やっぱりサビキなわけである。
 埠頭の先端で陣取り、高校時代の友人とともにコマセを巻きながら、開始して1時間ほど。

 友人の竿が、尋常でなくしなり、ラインが横に大きく引っ張られる。
 かなり走っている。
 これは明らかにシコ程度の雑魚ではない。
 ではアジが鯉のぼり状態でかかったか?
 いや、それも違う。
 右に左に大きく暴れ回る竿先をいなし、ギリギリとリールを巻き上げる。
 ごぼう抜きするにはそろそろ大きすぎるのではないかという魚体が、水面でギラリと光る。

 釣り上げたのは、サバ。
 おそらく地付きの湾内を回遊するものかと思うのだが、とにかくサバ。
 サバ?
 え、えええ、サバ??

 アジではなくて?
 サバ?

 魚屋以外でサバを見るのは初めてである。ましてや釣ったことなどこれまで一度もない。
 あまりのぬるぬるっぷりに驚くと同時に、こりゃ氷を買いに行かなまずいな、といそいそと氷の補充を。

 が、この後が修羅場である。
 絶え間なくサビキを投入していると、幾度となく続く尋常でない引き。
 サバ地獄。
 クーラーボックスの中が氷とサバとぬるぬるで満たされる。
 そこにシコイワシを入れていくのは明らかに間違いだ、もう間違いだ。
 俺らが当初予定していたアジは、一向にかからず。
 ただ、ただ、サバ。

 その後、高校の友人2人は20時ごろに納竿。で、たまたま居合わせた地元の友人と24時ごろまで釣果を狙うが、夕方以降はサバはピタリと止み、小アジがぽつぽつとかかる程度。
 やはりここ数日の天候がよく、海水温が上昇していたために、回遊するルートが変わっていたりしたのだろうか。。。それにしても、アジがまだ今年はしっかりかからないんだけどなー。

 結果、友人と3人での超過。
 サバ20~30cm程度 20尾前後
 アジ20cm程度 10尾弱
 シコイワシ コンビ二袋3つ分に山盛りww

 いや、今年は何かおかしいのかもしれない。
 久々に天候もよく、良い釣り日和でした。

スポンサーサイト
07.29 (Sun) 23:40 [ 釣行 ] CM0. TB0. TOP▲
 だってさー、波がざばばーん、って。
 頭の上から降りかかってくるんですよ。
 ざばばーん、って。
 妙な体勢で岩の上に立っていたら、足元洗われちゃってりゅww
 スパイクスニーカー履いてこない人間には、磯は危険です。
 というか、死んだ。
 いや、マヂで死んだ。
 釣具屋さん、今日の城ヶ島の天気とか教えてくれればよかったのに。
 おかげでもう、今日は五度ほどずぶぬれになりましたとさ。。。



 人生初の磯釣りにいつもの友人と出かけたんですよ。
 ええ、まあ何というか。
 若さゆえの過ち、とでも言いましょうか。
 うん、本当に過ちだったww
 おかっぱりの優しさが肌身にしみた。
 メジナなんてまだまだ敷居が高い、高すぎるんですよ。
 ライフジャケット持っていたから辛うじて精神状態の均衡を保てた気がするが、海、こえぇ!!
 大波、こえぇ!!
 ありえん、まぢ有り得んから!!
 ほら、天気予報で土曜の天気はいいでしょう、みたいなことを言っていたじゃないですか、今週末。
 テレビの予報と、海辺の実際の天気って、ぜんぜん違うわ。
 風がびゅうびゅう吹く。
 海からの尋常でない風は、海面をうならせる。
 もう、いやというほどうならせる。
 ばしゃーん!!
 びちゃーん!!
 そして、ずぶぬれの俺!!



 なにげに、城ヶ島では初の日中釣行だったんですよ。
 なのになあ、もう、友人と二人して敗戦国の気分を味わうことに。
 初めて配合餌の撒き餌とかにも挑戦したけどね、あれって難しすぎるし。うん、もう当分イソメと波止で充分な気がする。
 城ヶ島で唯一釣れたのは黄金色の魚体をしたメバル一尾。
 サイズが大きくなかったのでリリース。
 おまけに円錐ウキごと仕掛けもリリース。

 いかん、このままここにいたら、喰われる。
 海に喰われてしまう。
 Orz


↑城ヶ島からの帰りに見た前方の車。後部トランクから何かをぶら下げて延々と走っている。大きさがちょうど子供一人分くらい納まりそうな袋で、友達と二人で気味悪がっていた。プライバシーの配慮をと思ったが、ナンバープレート見えないので問題なし。↑

 そんなこんなで夕方には城ヶ島から撤退。
 帰りがけにせめて明日の晩御飯を釣っていこう、とまたいつもの病気が始まって、夜釣りに突入。
 今年最初の長浦先端で、20センチ手前のなかなかイイ重みのあるあたり。
 埠頭にはいつぞの観艦式の時と同じように自衛隊の駆逐艦が、ズゴゴゴゴーン!!と停泊しているんですが、果たして釣りをしていていいものだろうか、とドギマギしていると、艦隊中腹からかかるタラップの手前にいた制服の自衛官の方が、

「ええ、どうぞ。先端でやってください」

 と気軽にこたえてくださった。
 いつぞやの観艦式の時の港湾局のおぢさんの対応とは全く違う、柔和な印象であった。

 12時前に夏島に移動。
 こちらでも20センチ手前のおいしい型を3尾ゲット。
 ようやく竿に明確なあたりを感じることができ(なぜなら日中は城ヶ島で散々なことになってしまい、とっても微妙なセンチメンタリズムに陥ってしまったからだ)、安堵の溜息を漏らしていた友人と俺。


↑長浦での今年の初釣りは、20手前のメバル。↑

 結局、3時前まで長浦と夏島で合計で4尾(頭から尻尾先まで15cm以上20cm以下)を釣り上げ、晩御飯にと持ち帰ります。


↑今日の釣果。やはりメバルは長潮の夜釣り、ということなんだろうか。かなりあたりがあった中でも、持って帰ったものは一応すべて15以上のはず。ツワモノどもが夢のあと。裁くのがまだまだヘタクソで大変だった。。。↑

 家に帰ってからの2時間ばかりが魚をさばくのに利用された。
 やばい、今もう眠い。
 寝ます、お疲れ!!

01.28 (Sun) 05:49 [ 釣行 ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。