上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんなもん誰にだってあるのだ。
精神衛生に留意した生活を心がけてください。
そんなこと言われたって、俺はどうすればいい?
「最近のお前は変だよ、たまに本当に心配だ」
そういう言葉が、ありがたいと同時に、重いことがある。
幸せな悩み、けれどギリギリとこめかみを絞り込む。

頭痛は止まぬ。これはいつまでも続くだろう。
記憶に刺さった棘はいつまでも抜くことはできないだろう。

いっそあの時終わりにしておいたほうが楽だったかもしれぬ。
浅はかで甘美な自壊への志向。
閉じた世界で今俺は、緩やかに変質しているのだろう。
もうあの時を覚えてはいない。
昔の俺がどんなものだったかなど、思い出せぬ。
もうだいぶ昔から、俺は狂っているのだ。
スポンサーサイト
もー。
どうにでもして、
とはいいたくねえですが。
社命って響きは、飼われたことのない人間には嫌なものです。

いや、まだ結果とか出てないけどね。

テンションが軽く伸び切ってしまい、少しぶらりんとしてしまいました。
いや、寝起きはしっかりできている。
時間前にはちゃんと会社にいる。
ただ、ちょっと伸びた。ん、萎えた?

いや、大丈夫、ちゃんと充電しますので。
んー。
はい、そんだけでーす。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。