上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耳元で 轟々と 音が聞こえるわけではないが
淡々と 着実に 流されるままの気がしないでもない
切り取られた景色はどれも皆眩しく
どこか遠くの出来事のようである
主体性がないという そんな日々の現われか
息継ぎするだけで精一杯といえば
まあ そこに嘘はなかろうが
すがるな ふんばれ 孤独に歩め と
身を奮わせんとするのも そろそろ限界か

Am7よりも 実はGのほうが悲しげな響きではないのか
嘯く透明感に 廃墟の心を見たように
ふと思う そんな今日この頃です
スポンサーサイト
05.22 (Tue) 21:41 [ 茫洋文 ] CM0. TB0. TOP▲
俺はもうだいぶ前から狂っているんだって。
たまたまそれが、あることをきっかけに表出しただけなんだ。
だから、君たちがそれを心配するのは、ある面で正しくて、ある面でやはり間違っている。
だって俺はもう、だいぶ前から狂っていたのだから。

俺はクソ小さなプライドにしがみついて生きている。
所詮クソみたいな人生の、その根幹にあるクソみたいなプライドにしがみついている。
「最近のお前は変だ」
ああ、知っているよ。俺はもうずっと前からあることに意固地になっている。
偏頭痛はあれを境に頻繁に起こるようになった。
自分が今目覚めているのかそうでないのか、判然としないことだってある。
空虚であやふやな感覚のみで生きている、かげろうのように胡乱な今を生きている。
君たちがそれを指摘するのは分かるよ、だって今の俺は、君らがいうこところの“俺らしくない俺の姿・・・・・・・・・”をしているのだから。
じゃあ、“俺らしさ”ってなんだよ?
“男気見せろよ”意味わかんねえよ。
そんな予定調和な期待を俺に向けないでくれよ。
俺はもうずっと前から壊れていたんだ。
いきなり人生がどうにかなっちまったわけじゃない。
俺はもうずっと前から転げ落ちていたんだ。
今さらしっかりしろなんていわれたって、急に生き方が変わるわけじゃない。
もう充分に遅すぎるんだよ、俺はもう終わっているんだ。
俺はもうずっと前から何も持ち合わせちゃいない。

もしも俺に何かあったら、君たちはこの私心めいた殴り書きを引き合いにするかもしれない。
その時憤りを感じるのなら、それはそれで仕方がないし、そのほうがむしろありがたいかもしれない。
人一倍寂しさを感じる人間の、傷つかないための、転ばぬ先の杖ってやつなのだろう。そして同時に、その記憶は、“狂った俺という人間がいた”ということを証明する、ささやかな証になる。
今の俺に、今の俺自身を変えるすべなんてないんだ。
それは俺が今俺が抱える問題から逃げているからだとも充分に思うけれど、所詮そういう君たちは、どこまで行っても“他人”でしかない。
君たちが俺のことを思ってくれるのはありがたいけれど、それが何にもならないことを、俺は知っている。
常人に分かるわけがないんだよ、自分のことを一番信用できない、消してしまいたいとさえ思っている人間のことなんて。

こんなことばかりいっていると、そのうち君たちは俺の側からいなくなるのだろうね。
それは悲しいことだけれど。
俺は俺自身が一番信用できていない。
俺は俺自身が狂ってしまっていることを自覚しながら、もはやどうすることもできない。
そして君たちにもどうすることもできず、やがて君たちは俺を信用しなくなる。
もう相談事をすることのできるような、ご立派な俺はいないんだよ。
残念だね、もう少し、誰かの役に立てる人間になりたかった。



なんでこんなふうになってしまったんだろうね?
今一番この世で憎んでいるのは、俺という存在、そのもの。
04.16 (Mon) 20:54 [ 茫洋文 ] CM0. TB0. TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。